パーソナルカラーとメイクの深い関係

パーソナルカラーとは パーソナルカラーとは、一言でいうと「あなたに似合う色」のことです。 似合う色といっても「赤よりも青が似合う」というものではなく、「どんな赤が似合うか」「どんな青があなたを引き立てるか」というものです。似合う色を知るためには、まずは自分自身の個性や特徴を知ることからスタートします。 似合う色のタイプは4つあり、黄みを多く含む「春タイプ」「秋タイプ」と、青みを含む「夏タイプ」「冬タイプ」に分かれます。 パーソナルカラーを身に着けることで・・・ ・ 肌がきれいに見えます。 ・ 若々しく、顔色が良く見えます。 ・ より魅力的に見え自信がつきます。 パーソナルカラーを知ることで・・・ ・ あなたの個性や長所を知り、活かすことが出来ます。 ・ 買い物がしやすくなります。 あなたのタイプをチェック! タイプが決まったら合うカラーをチェック! 春タイプおすすめカラー ソフトで明るいカラーメイク 夏タイプおすすめカラー 青みのある柔らかい上品カラーメイク 秋タイプおすすめカラー 深みのある黄みの強い落ち着きカラー 冬タイプおすすめカラー

私の仕事は色の持つパワーで女性の魅力を引き出す仕事。

みなさまこんにちは! YUKIYOです。 現在、パーソナルカラー診断や似合う色メイク・骨格スタイル分析など、お一人お一人の魅力を引き出すお手伝いをさせて頂いています。 また、「カラーを仕事にしたい!」方に向けて”資格取得講座”の開催もしています。 こだわりのポイント お一人お一人に寄り添い、思い描くイメージを大切に、たくさんのお話に耳を傾けながら、思い描く女性像を共にイメージし、オリジナルの魅力を引出すことにこだわりをもってご相談に応じています。 お客様と共に、悩みを解決したり、夢を叶えるため、”カラー”を通して、コンサルティングをさせていただいております。 ”カラー”を学んだきっかけ 30代後半、鏡に映る自分を見て、なんとなく「モヤモヤ」としたものを感じていました。 顔色もパッとせず、以前のように鏡を見るのが楽しくない・・・ そんな時、友人に誘われて行った”カラー診断”で衝撃をうけたのです。 たくさんのカラードレープを胸に当てられ、どんどん変わる顔色と印象に、「魔法をかけられている」ように感じました。 年齢のせいにして諦めかけていた私は、色の

パーソナルカラーの歴史

自分の肌や目の色をじっくり観察してみたことはありますか? 同じ日本人でも、一見違いがないように見えて、実は一人ひとり微妙に異なった色をしています。 それにともない「似合う色」「似合わない色」も一人ひとり異なるというのが、パーソナルカラーの理論。 今回はパーソナルカラーの歴史についてお話します。 パーソナルカラーとは? パーソナルカラーの起源はさまざまな説があります。しかしパーソナルカラーを 語るときに、絶対に登場するのがイッテンとドアです。 1923年、アメリカのロバート=ドアが、ブルーアンダートーン(青みよりの色)と イエローアンダートーン(黄みよりの色)を基本とした調和論を発表し、その考えをもとに作成したカラーキープログラムが、ファションやインテリアなどの 多分野で成功し、パーソナルカラーの起源のひとつとなったのです。 イッテンは著書で「自然界の四季の中に色彩の源があり、 調和があり、その意味するものを観察するべきである。」と説いています。 まずパーソナルカラーの最も基礎になったのが、ロバートドアの2分類法であり、 それを基に4シーズンを提唱